悪者?!コレステロールとの上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コレステロールとの上手な付き合い方

こんにちは。心幸食の元気母ちゃん藤村綾子です。

9月ですね。野沢温泉はお盆を過ぎ、秋風を
感じる季節になりました。

この時期は夏の疲れが出るころですが、お元気でお過ごしですか?

◆秋といえば、スポーツ

健康のためにも身体を動かすことはとても大切です。

太っちょ母ちゃんも1日に1回は小さな運動をするように
心掛けています。

というのも、心配なのは動脈硬化などの生活習慣病。
おかげさまでこの体系にもか変わらず、数値が
平常値を保てています。

予防のためにも運動は必要だと感じています。

今回は、そんな動脈硬化と関わりの深い、コレステロール
について、お話したいと思います。

◆コレステロールあれこれ

今回はコレステロールとは?についてお話しましょう。

年齢を追うごとに変化する体系!
健康診断などで出るコレステロール値は
気にしている人も多いのでは?

コレステロールそのものは、細胞膜や胆汁酸、ホルモン、ビタミンDなどの
材料となるなど、生命活動に欠かせない大切な成分。

どうしても

太る=コレステロール値が高い

コレステロール

コレステロール

というイメージが
先行しがちですが、実はコレステロールはとても大切なのです。

食事から身体に取り込まれる以外にも、肝臓で合成されます。

そんな健康な身体作りに欠かせないコレステロールですが、
増えすぎると欠陥の壁に蓄積し、動脈硬化の原因となります。

生活習慣の乱れ、特に最近は栄養バランスが偏りがちな外食
食事の欧米化をはじめとする食生活の変化により、
今や3人に一人がコレステロールを指摘されているというのが現状です。

ということで、
動脈硬化とコレステロールの関係がお分かりいただけましたか?

生命活動に不可欠なコレステロール。取り過ぎは禁物!

動脈硬化とコレステロールには、大きな関わりがあるのです。

ということで

次回は、コレステロールと動脈硬化がどのように関与しているのか?
ついてお話いたしますね。

太っちょ母ちゃんはこの体重でもコレステロール値はおかげさまで
平常値を保っていられます。

そのわけをお教えしましょう。

コレステロールとのつきあい方を知って、元気になる体つくり
一緒にしていきましょう!

では、次回もお楽しみに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*