エントリー4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋刀魚の塩焼き
こんにちは。心幸食の母ちゃんです。
 食欲の秋です。こんなことご存知でしたか?
食材のもつ味わいは「春は苦み、夏は酸味。秋は甘み、冬は厚味」
っと季節事に変化していきます。
 夏の疲れを取り、冬の寒さにそな桁身体作りのために
秋には甘み。実りの秋です。果物のから取る甘さはもとより
豊富な食材を使った素材の旨味を活かした料理で甘みを
楽しみたいですね。
 ということで!今日も夕食選挙のエントリー料理のこだわり
お伝えいたしますね。とっても好評なようで、沢山の美味しいに
感謝!張り切って参りますよぉ~。

 エントリー№4 旬秋刀魚のこだわり塩焼き

 こだわり1

 ●塩にこだわる
 旬の美味しい秋刀魚。今年は大量ということで、脂ものって
とってもおいしいです。当然ですが、海水で育った魚。塩焼きと
言ってもその塩にこだわることで、味がグーンとアップします。
 今での料理でもご紹介している、深層海洋水を99.9%天日干し
で作り上げたお塩を主に使用しています。この塩の凄い所は素材に
なじみやすく、味や旨味を引き出してくれるところです。
なので塩っ辛くならない。特に魚にはなじみがよく、秋刀魚のもつ
旨味を引き出してくれます。我が家には常時10種類以上の塩が
ありますが、それぞれ試してみて、この塩が一番なじみがよく、
秋刀魚の脂を程よく感じておいしかったです。

  こだわり2

醤油にこだわる

秋刀魚の塩焼き

秋刀魚の塩焼き

 塩焼きなので、そのまま食べていただいてももちろん
美味しいです。せっかっく旬の新鮮な秋刀魚が入る季節なので
我が家ではこの肝を使って肝醤油を作っています。
 その醤油にこだわります。今は松本にある大久保醸造店
さんの甘露醤油と紫歌仙いう濃い口醤油の2種類をブレンド。
肝の味を見ながら調節しています。
 肝の苦みと脂ののった秋刀魚。旬ならではの味が楽しめます。

  こだわり3

形状を楽しむ
 丸ごと一本のさんまを七輪の直火で焼く!最高です。
ですが、ここは一工夫。秋刀魚の中骨を取り、3枚卸にした
秋刀魚。こだわりの塩をふりかけ、我が家ではこれをくるりと
巻き込み筒状の形状にして焼きあげます。ミルフィーユ状に
なった肉厚の秋刀魚をガブリ!これが心幸食流。秋刀魚の塩焼き。

  こだわり4

焼きナスのムースと共に
 秋の美味しい食材と言えば秋ナス、「秋ナスは嫁に食わせるな」
ということわざがあるほど、秋の茄子は夏と比べると皮が柔らかく
身が引き締まって種が少なく美しい。焼きナスにすると水分が
適度に飛び、旨味が凝縮心幸食ではさらに手を加え、ムース
にしています。隠し味に味噌や醤油などを加え、焼きナスを皮ごと
使用することで、香ばしさをプラス。秋ナスの旨味と甘みそのものを食べられる秋焼きナスのムースの出来上がり。
 これを秋刀魚と一緒に食べて頂きます。
ご家庭で食べる秋刀魚とは一味違う。心幸食の秋刀魚の塩焼き。
「こんな秋刀魚は初めて!」の声も多くいただいています。
食材のもつ味わいは「春は苦味、夏は酸味、秋は甘味、冬は厚味」と季節ごとに
変化していきます。夏の疲れをとり、冬の寒さに備えたカラダ作りのために、旬
の秋の食材の甘味を楽しみたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*